お知らせ - 織元 こばやし 丹後ちりめん白生地オーダー専門店 正絹・シルクの生地製造
1

趣人 『復元!淀殿の着物』

福岡の 『桜坂 観山荘』さんが独自に発刊されている日本文化情報雑誌 『趣人』に掲載いただきました!

内容は『復元!淀殿の着物』です・・・

syujin3.JPG syujin4.JPG

これは以前、WOWWOWの番組:『美術のゲノム』にて慶長小袖を復元された際にお世話になった小林泰三さんとのご縁で掲載いただいたものです。

今回もベースとなる生地製作でお世話になりました!

syujin2.JPG

綸子地にサヤと小花の文様が描かれています。
この生地に京都で染と刺繍を施され、豪華な小袖の復元となりました!!

syujin1.JPG



日本糸(碓氷)が届きました!!

今年も(遅くなりましたが・・)、先日、日本糸(春繭)が届きました!!
合わせて3俵(約180kg)になります。これをタテ糸用とヨコ糸用に分けて撚糸をしてもらいます。撚糸が出来るまでおよそ1ヶ月・・出来上がりが楽しみです!!


DSCF3847.JPG


艶があってとても綺麗です!!


DSCF3844.JPG DSCF3846.JPG


※尚、この日本糸使用の織物製品は取引先との取り組みによるものです。


ちりめんリボン 

京丹後市出身、東京在住のちりめんリボンさんをご紹介します!!
ちりめんリボンさんはちりめん、シルクの布を使った雑貨ブランドを展開されています。


2012051209430755ds.jpg



今回、このリボンに私の所のちりめん生地をご使用いただきました。
かわいいリボンなどがたくさん出来上がっていますよ!!

詳しくは ちりめんリボンHP まで・・・

『平成着物読本』に掲載いただきました!

DSCF3650.JPG


『平成着物読本』(君野倫子著:河出書房新社刊)に掲載いただきました!!


本のはじめに君野さんの素敵なお言葉がありました・・「私の人生は着物によって、人と出会い、仕事と出合い、心豊かな幸せをたくさんもらいました。着物なくして今の私はありませんし、今現在も着物からたくさんの幸せをもらっています。」

この本は着物生活をされてる君野さんならではのお話(着物好きならではの235話)がいっぱい詰まっています。どうぞご一読下さい。



掲載ページ~白生地からオリジナルを~

 DSCF3655.JPG


この本からまた素敵な縁ある出会いがあれば嬉しく思います!

ありがとうございました。


 

『丹後ちりめん製造販売 織元こばやし』 看板設置しました!

『丹後ちりめん製造販売 織元こばやし』 の看板を設置しました!

これまで店舗を表示するようなものが無かったので、新たに来られるお客様にも場所(家)が分かるようにと店舗表示を作りました。
白生地見本等、見ていただけますのでお気軽にお越しくださいませ・・・


DSCF3624.JPG DSCF3628.JPG




 

駒リンズ 巻き見本!

タテ糸は通常、着尺の長さ(約13m)で整経されているのですが、たまに四丈物とかの注文が入った場合、タテ糸が中途半端に残ってしまいます。
先日、ある機のタテ糸が最後に7m程残ったので、駒リンズの見本反を作ることにしました。


DSCF3402.JPG DSCF3444.JPG
DSCF3445.JPG DSCF3449.JPG


麻の葉、桐唐草、菊菱、吹雪、ローケツ柄などなど・・5寸程度ずつ紋紙を替えながら織っていき、およそ40柄の巻き見本反が出来上がりました!
柄数は他にもかなりあるのですが、7m分適当に織柄を抜粋しながらの見本づくりです。


この巻き見本が縁ある方へと渡り、喜んでいただける仕事が出来れば・・と思います。

丹後ものづくり企業ナビWEBがオープン!!


丹後ものづくり企業ナビ ホームページ
がオープンしました!


tangomono.jpeg


丹後の機械金属・織物業のものづくり企業を検索していただけます。


ホームページを開設しました

織元 こばやし  ホームページを開設しました。

丹後ちりめんを家業に縁ある出会いに感謝し、着物を愛する方々のお役に立てますように・・・

 

帽子専門シャンクールサイト共々今後ともどうぞよろしくお願い致します。

.
1
小林商店 担当:小林孝裕
〒629-2311 京都府与謝郡与謝野町幾地842-2
TEL:0772-43-1181
FAX:0772-42-0241